愛知県半田市の鍼灸院です。
予約優先です。(お電話下さい。)
1日に診れる患者さんの数は限られております。 当治療院へのご依頼やお問い合わせが集中することがあります。余裕をもってご予約下さい。
肩こり・腰痛・坐骨神経痛から不妊・PMS・自律神経・美容鍼の桜門鍼灸院 漢方薬局
鹿児島・九州で学んだ鍼灸術から今の治療法が完成しました。
新たなる治療法の発展の為、日々、精進しております。
直メールLinkIconnagoyakanpo@yahoo.co.jp
メールフォーム

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


お気に入り登録お願いします。


鍼をするツボを探すイメージ

HOME > 自律神経失調 > 自律神経|半田市

自律神経失調の改善

 自律神経失調症はストレスとの因果関係が強く、社会が複雑になって精神的に辛いストレスを受けるようになります。
 特に複雑な人間関係も結びつきもこじれるとそれがストレスとなり自律神経の異常につながることもあります。
 主な症状としては、めまい、耳鳴り、頭痛、立ちくらみ、吐き気、動悸、精神不安、月経不順や発汗異常、冷えなど様々な症状を引き起こします。 
 長期のストレスは胃潰瘍、十二指腸潰瘍、高血圧、狭心症、喘息にもつながるとされております。
 不規則な生活やストレスなどは、体内の自律神経のバランスが乱れるためにおこる様々な身体の不調です。
 また、病気としては、「仮面うつ」、「低血圧」、「神経症」なども間違えやすい病気です。
病院で検査をしても「異常なし」という場合が多く、多彩な苦しい症状から、不定愁訴と呼ばれたり、女性は特に更年期障害の方に併発するケースが多いです。


◆◆自律神経失調症の分類◆◆


抑うつ型自律神経失調症
ストレスが長期にわたり、慢性化して抑うつになってしまったもの
神経症型自律神経失調症
精神的に多くのものごとに影響されやすく、自律神経機能検査でも問題がなく、ストレスなどに影響されやすいもの


心身症型自律神経失調症
自律神経機能検査の異常があり、しかも、ストレスや性格で、その症状を悪化させやすいもの


本能型自律神経失調症
生まれつきの体質で、心理的要因ではなく、体質的に自律神経の変調しやすいもの
※この4つの中では心身症型自律神経失調症が最も多いとされています。


自律神経失調の漢方医学の考えは、身体の不調を改善することと、養生法を行うことで、ストレスを受けづらい、また、ストレスを受けても体調を崩さない身体づくりを目指します。


自律神経系の様々な種類の自覚症状なので多岐にわたります。
★多岐にわたる症状のため、いろいろ試してもスッキリしない症状です。これらの多くの症状は漢方薬と養生法で改善できるものが多いと思います。
●天候や精神的なストレスで、頭痛、頭重、頭が締め付けられる、めまい、立ちくらみ、のぼせ
●本やパソコンもあまりしないのに、疲れ目、涙目


●突然の耳鳴り、音の異常


●体調により、すごく口が渇く、味覚異常


●風邪でもないのにのどの異物感・イガイガ感・圧迫感


●ちょっとしたストレスで息苦しさ、酸欠感、息切れ、動悸、胸部圧迫感、息苦しい、酸欠感、過呼吸


●原因不明の冷え、食欲不振、吐き気、膨満感、便秘、下痢


●特に原因がないのに肩こり、手足のしびれ、腰の痛み重み


●突然の多汗、皮膚の乾燥感、ホットフラッシュ


●検査で異常がないのに頻尿、残尿感


●なんとなく、生理不順、性欲低下


●病気でもないのに不安感、イライラ、集中力低下、、不眠、記憶力低下
それが、細い鍼と温灸で得られます。

自律神経失調症の中医分類⇒

不眠の改善症例

50代、女性 美浜町

 ここ数カ月不眠症状で、肩や首筋が凝って、夜も寝つけない。

 3回の治療後、肩や首筋の凝りもだいぶ無くなり、夜も眠れるようになる。

治療家のコメント
不眠の症状は肩こりや首とも関連します、

この方は、仕事のストレスなどで、イライラも強く腰まで硬く凝っていました。
症状としては、不眠、肩と首筋の凝りでしたが、
腰椎や脊椎のズレと凝りの解消により、
夜も眠れるようになりました。
意外と、背骨のズレにより、肩や背中・腰に凝りが発生してストレスと関連して不眠となる方も大勢います。


40代、女性 岡崎市 30.10

 ここ3ヶ月、熱中症になってから、身体が火照って眠れない。 
 首肩も凝りやすく、眠れないので、仕事中もめまいがする。

 3回の治療後、眠れる日も増え、疲れも軽減し、何とか仕事をやめないで続けられるようになる。

治療家のコメント
不眠の方の中には睡眠導入剤がどれも合わず、次の日に眠気が残ったりして体調不良になられる方がおります。

特に、「運転等にご注意下さい。」と書かれているお薬は最近、交通事故・仕事での事故につながりやすいこと報道されています。まずは東洋医学のみの治療が良いと思います。
この方も首肩腰の筋肉がカチガチで、寒熱でいえば熱証体質でした。

薬剤師の見解としては次の日に休みで一日中寝ていても良い方などは睡眠導入剤も良いかもしれないですが、
寝ぼけて夜にトイレに行かれる方なども布団の角で転んで骨を折ったなどと聞きますので注意しましょう。

HOME > 自律神経失調 > 自律神経|半田市