予約優先です。(お電話下さい。)

1日に診れる患者さんの数は限られております。 当治療院へのご依頼やお問い合わせが集中することがあります。余裕をもってご予約下さい。
肩こり・腰痛・坐骨神経痛から自律神経不調・体調不良
予約優先、一人一人対応する為、混雑回避の為にご予約下さい。
鍼灸でほぐす、リラクゼーション治療・冷え性・美容・肩こり・腰痛・坐骨神経痛を中心にさまざまな症状に対応!

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


お気にめしましたらご登録下さい。


HOME > 治療法解説 > 半田・吸玉治療 桜門

特に希望された方以外治療に使っておりません。
予約の際にあらかじめお申し出ください。

吸玉療法とは

鍼灸治療とともに古くから伝わる治療法の一つで、ガラスや陶器、プラスチックなどでできたコップ状の容器を用いてその容器内を陰圧にすることにより皮膚を充血させ、局所の血行改善を行う治療法です。
古典的なやり方としては、陶器のコップを用いて、その中に火をいれ、それをすぐに皮膚の上にかぶせるやり方をしたり、その前に鍼をさし、瀉血したりしてました。
この治療の長所は局所治療とはいいながらかなり広い領域の血行改善を行えること。比較的安全であること。鍼と灸を合わせたような効果が出ること。わりと簡単に行えることなどです。
短所としては皮膚に長く跡が残ること。体力のない患者には行いにくいこと。皮膚疾患のヒトには適さない。治療部位が広いため必要でないところ治療範囲に入ることがあるなどです。

※当治療院は瀉血は行わず、火も用いず、機械で陰圧にして行います。

吸玉療法の適応
基本的に用いるのは種々の痛みや肩こりなどの血行障害に対して用います。


桜門鍼灸院地図桜門鍼灸院へのアクセス 半田市新川町22-1-1C
桜門鍼灸院地図